公式LINEはじめました!登録はこちらから

愛媛県の豪雨災害に備えた取り組みについて

県内 土砂災害警戒区域指定 16,311カ所‼️

愛媛県は他県に比べて、土砂災害の危険箇所が多い地域です!

市別の防災マップでしっかり確認し、いざという時の避難経路を想定しておいて下さい。https://www.city.saijo.ehime.jp/soshiki/kikikanri/map.html

※加茂川の黒瀬ダムも今年9月より事前放流により洪水調整機能を強化!

【建設委員会】で、今日は、愛媛県の豪雨災害に備えた取り組みについて、進捗状況と今後の計画の説明を受けました。

愛媛県でも河川事業と砂防事業合わせて年間200億近くの予算をかけています。

内容は河川改修・砂防堰堤・水門改修・河床掘削・治山事業などを行なっております。

合わせて、2級河川の事前放流や市町へのホットラインや県民へのメール配信による早めの避難誘導など始めました!

また、土砂災害防止法により、土砂災害特別警戒区域の指定を行なっておりますが、これらのイエローやレッドのゾーンの地域の住民の方への周知徹底をしていく事がとても大切で、県も市と協力させて頂いてこれからも命を守る為に頑張っております。

激甚化する災害から命を守る為に国県市町が連携し、施策を日夜深化させている状況よく解りました。しかし、皆さまの自分の命は自分で守るという事が一番大切です、何卒ご協力のほどよろしくお願い致します。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる